トップへ
<---   取り出しトピック   --->
 
. Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版 Kobarin 02/24日14:27#r16
. Re: Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版 Kobarin 02/24日14:29#r17選択
. Re: Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版 reppi 03/13水13:13#r39
. Re^2: Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版 Kobarin 03/16土19:09#r44
 

上の選択記事
. Re: Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版
     Kobarin ホームページ 2019/02/24日14:29 #r17
編集&削除  
以下は autch さんにしか理解できないと思いますが…。

kpipxtone.kpi はライブラリの仕様上、再生中に他の
ファイルのタグ情報を取得することが出来ません。
これを回避するために KMPMODULE::dwReentrant==(DWORD)-1
にして、再生時には常に本体が別プロセスから開くように
していたわけですが、v2.63a ではこれで問題ありません。

が、v3.04 以降ではうまくいきません。

v2.63a は kpipxtone.kpi をタグ取得用には本体プロセスで
ロードするが再生用には別プロセス経由で使用していたため、
kmp_GetTagInfo と KMPMODULE::Open が同時に呼ばれること
はありませんでした。

v3.04 以降ではタグ取得も再生も別プロセス経由で使用して
いて、ファイルを再生するときには、再生用に開いたインス
タンスが有効な間にも kmp_GetTagInfo を呼んでしまいます。

ただし、直前の KMPMODULE::Open で開いたインスタンスと
必ず同じファイル名を渡して呼び出します。

再生用に開いてるファイルのタグ情報であれば、少なくとも
プラグイン側で工夫さえすればライブラリの仕様がよほど
訳の分からないものでない限り対応出来るはずです。

64bit 版の本体から 32bit 版のプラグインを使用出来る様に
する関係上、v2.63a と同じような動作にすることは困難です。
やって出来ないことはありませんが、再生中のファイルのタグ
取得の為に再生用とタグ取得用とでプロセスを2つ起動するこ
とになり、無駄が多すぎます。

上へ






RAIBPL1.23-wakatiai.halfmoon.jp 2022/01/18火09:28