[『Kobarinのホームページ』に戻る]一覧 内容 新着順
2023/01/28土16:15 までのご訪問数は 1382997 です。
昨日 53        本日 36
KbMedia Player Support BBS Volume3
操作パネル           ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
KbMedia Playerに関しての、ご質問をどうぞ。

2021/05/23 当掲示板は運用を終了しました。
今後はhttps://kobarin.sakura.ne.jp/wforum/wforum.cgiへどうぞ。

2021/05/20時点での本体最新版リリース情報
2021/05/03 - KbMedia Player Version 3.09b正式版(発表記事)
2019/06/19 - STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.03e 正式版(発表記事)


.. Re: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     DJ TOYO 2019/03/19火21:17 #r49
編集&削除  
Kobarin様

お世話になります。DJ TOYOと申します。

この度、STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)ベースに
visual studio community 2017にて、DSFファイル対応プラグインを作成しました。
ほぼ出来上がっておりましてソース整理、ある程度の使用検証して問題なければリリース出来る状況です。

そこで、ご相談なのですがこのプラグインをSTEP_Kに組み込んでリリース頂く事は出来ますでしょうか?
理由は同じソフトを散乱させたくないと思っております。
プラグインだけリリースも検討しておりますが、それですとユーザーフレンドリーではないかとも思いまして。
ただメンテナンス問題が発生します故、私がサポートしたとしてもkobarin様に迷惑掛かる事は明白かと思います。
またKbMediaPlayerではDSFファイルは非サポートなのも存じております。
ご迷惑であれば独自にリリースさせて頂ければと思います。
では
.. Re^2: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/21木00:20 #r51
編集&削除  
> visual studio community 2017にて、DSFファイル対応プラグインを作成しました。
> ほぼ出来上がっておりましてソース整理、ある程度の使用検証して問題なければリリース出来る状況です。

おお、なんか嬉しいです。
DSF ってハイレゾの方ですよね。PSF 系ではないですよね。

> そこで、ご相談なのですがこのプラグインをSTEP_Kに組み込んでリリース頂く事は
> 出来ますでしょうか?
> 理由は同じソフトを散乱させたくないと思っております。

それはもちろん構いませんが、私の方に STEP_K の開発意欲があまり
ないので、いつリリース出来るか分かりません。

v1.01c を VS2017 でコンパイルし直しだだけのものに DJ TOYO さんの
プラグインを同梱するという形で宜しければ早めにやるようにしますが…。

> プラグインだけリリースも検討しておりますが、それですとユーザーフレンドリーではないかとも思いまして。
> ただメンテナンス問題が発生します故、私がサポートしたとしてもkobarin様に迷惑掛かる事は明白かと思います。

実際に作成されたなら分かると思いますが、STEP 系のプラグインは、
本体の内部的な実装に依存するような部分が多いので、プラグインだけ
単独で配布しても、本体のバージョンが変わると動作しなくなる可能性
が少なからずありますね。

動作確認した本体と共に配布した方が安全だとは思います。

> またKbMediaPlayerではDSFファイルは非サポートなのも存じております。

PSF 系ではなくてハイレゾの方なら Autch さんが作成したプラグインを
同梱させて頂いてるので、対応はしています。

確かタグの仕様はほとんど ID3v2 なんですよね。
.. Re^3: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     DJxTOYO 2019/03/21木21:55 #r53
編集&削除  
kobarin様

回答ありがとうございます。

> おお、なんか嬉しいです。
> DSF ってハイレゾの方ですよね。PSF 系ではないですよね。

はい。ハイレゾのDSDのDSFファイルです。

> 確かタグの仕様はほとんど ID3v2 なんですよね。

はい。DSDとして主にDFFとDSF(SONY)ファイルフォーマットがありますが
DFFはおまけ程度のタグのみで、DSFファイルはID3v2タグです。
ただし困りものがmp3などと違って先頭ではなく後尾なのです、
ファイル先頭の方にメタデータ位置が8byteで記述されており、
その位置からID3v2タグが存在します。
その為、mp3infp_commonのId3tagv2.cppのSsave/Load/MakeTag/DelTag関係の修正が必要です。
プリプロセッサID3TAGV2_DSF_MODEで切り替え出来るようにして
既存(mp3など)の互換性を保っております。


> v1.01c を VS2017 でコンパイルし直しだだけのものに DJ TOYO さんの
> プラグインを同梱するという形で宜しければ早めにやるようにしますが…。

はい。
それで問題ないと思います。
FALCだけ1.3.1→1.3.2に差し替えておりますので出来れば差し替えもお願いしたいです。

それとちょっと困っているのが、
FileFLAC.cppのconvert_to_utf8関数の159行の
WideCharToMultiByte(CP_UTF8, 0, utf16_str, -1, utf8_str, utf8_len, NULL, NULL);
の変換が何故かうまく行かなく、FLACタグ読み込みが全滅になっております・・・

仕方がないので試しに職場にソース持って行き、ビルドしたところ問題無さそうなので
私の自宅PCの問題かと・・・当初問題なかった認識でしてDSF対応でFLACなど他のファイルは
一切読み込ませずに開発してまして気が付きませんでした。
何か要因についてお分かりいただけますでしょうか?

最悪DSFファイルのみで検証してそのソース一式をお渡し致します。

> PSF 系ではなくてハイレゾの方なら Autch さんが作成したプラグインを
> 同梱させて頂いてるので、対応はしています。

え?・・・知りませんでした。すみませんm(__)m
早速DSFを読み込ませたところ認識は出来ますが、再生するとエラー表示が・・・
ちょっと解決出来そうになければ投稿させて頂きます。


では
.. Re^4: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土15:18 #r55
編集&削除  
> FileFLAC.cppのconvert_to_utf8関数の159行の
> WideCharToMultiByte(CP_UTF8, 0, utf16_str, -1, utf8_str, utf8_len, NULL, NULL);
> の変換が何故かうまく行かなく、FLACタグ読み込みが全滅になっております・・・

う〜ん、ソースコード的には問題ないような気がするんですが…。
Windows95 は CP_UTP8 に対応してなかったですが、流石に XP 以降で
対応しない環境があることは考えにくいですよね…。

こういうときに考えられるのは、どこか関係ないところでスタックかヒープを
破壊してるとかですね。デバッグビルドだと動作するのにリリースビルドだと
ダメだったり。STEP_K はバッファのサイズチェックは結構厳格にやってる
つもりなんですけど…。

これは関係ないと思いますが、MFC 関係のランタイム DLL の仕様の為、STEP_K
の本体はランタイム非依存にしないと正常動作しなくなります。
プラグインはランタイム依存で OK です。
(プラグインをランタイム非依存にして本体をランタイム依存でも良いですけど)

> 仕方がないので試しに職場にソース持って行き、ビルドしたところ問題無さそうなので
> 私の自宅PCの問題かと・・・当初問題なかった認識でしてDSF対応でFLACなど他のファイルは

職場でビルドしたものは職場はもちろん自宅PCでも問題がなく、自宅PCで
ビルドしたものは自宅PCでも職場PCでも問題が起こるんでしょうか。

同じソースなのにビルド環境で実行結果が変わるというのも変ですよね。

> 早速DSFを読み込ませたところ認識は出来ますが、再生するとエラー表示が・・・
> ちょっと解決出来そうになければ投稿させて頂きます。

デバイスを ASIO にするか、プラグインを kpid2p.kpi に変更して PCM で
出力するようにしないと再生出来ないと思います。あとマルチチャンネルに
(本体が)未対応です。


久しぶりに STEP_K の更新作業に入ろうと思いますので、DSF 対応版のソース
もある程度のところまで完成したらメールを送って頂ければ同梱配布させて
頂きます。

STEP_K v1.02 正式版(の筈だったのに公開直前に公開取りやめ)を元に
更新再開します。しばらくβ版としてリリースします。

最新版のソースコードは正式版としてリリースするまでお待ちください。
プラグインの動作に支障をきたすような修正をしたかどうかはまだ分かりません。

本体を v1.02beta2 から大きく変えることはないと思いますので、1.02beta2
でも動作の確認をしといてくれるとありがたいです。

DSF のデータをロクに持っていなくて当方では動作確認が出来ませんので、
最新β版を公開したら DJ TOYO さんの方でも確認して下さい。
.. Re^4: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土22:06 #r63
編集&削除  
> の変換が何故かうまく行かなく、FLACタグ読み込みが全滅になっております・・・

libFLAC 1.3.2 に差し替えたら同じ現象確認しました。

FILEFLAC.cpp の

#include "share/windows_unicode_filenames.h"

コメントアウトしないように修正し、どこか適当な場所
例えば Flac_Tag_Read_File_Tag() の先頭あたりに

flac_internal_set_utf8_filenames(true);

を追加すれば大丈夫ですね。
もう覚えてませんが libFLAC 1.3.1 のときはライブラリ自体を
修正するか何かしてたんでしょう。

kbflac.kpi ではファイルはストリームから開いていたのでファイル名が
関係なくて気づきませんでした。
.. Re^5: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     DJxTOYO 2019/03/24日21:57 #r65
編集&削除  
kobarin様

> > の変換が何故かうまく行かなく、FLACタグ読み込みが全滅になっております・・・
>
> libFLAC 1.3.2 に差し替えたら同じ現象確認しました。

ありがとうございます。
実は差し替えを疑ってました。
DSF開発で精一杯でしてFLAC差し替え後に確認してなかったようです。
再現出来て解決出来たとの事で助かります。

>デバイスを ASIO にするか、プラグインを kpid2p.kpi に変更して PCM で

承知しました。
ちょっと手付かずでして・・・あと関係ないかも知れませんが
若干古いVer3.04β2のまま使ってました。

>久しぶりに STEP_K の更新作業に入ろうと思いますので、DSF 対応版のソース
>もある程度のところまで完成したらメールを送って頂ければ同梱配布させて
>頂きます。

はい。
承知しました。
一応
ID3v2タグ新規
ID3v2タグ更新
ID3v2タグ削除        ※メニューもしくは右クリックから行える
ID3v2タグVer2.2/2.3/2.4変更 ※メニューもしくは右クリックから行える
など基本機能は全て出来てますが、いかんせん検証ファイル数が少なすぎます。
DSFファイルはサイズがデカいのでmp3の様にコピーしてバックアップしてからタグ更新して
成功したらコピーで戻すなんて処理は現実的ではありません。
直接元ソースに更新掛けます。
またサイズ情報は64BITなので4Gオーバーファイルも可能です。
一応内部的には対応したつもりなのですが、4GオーバーのDSFファイル作成環境がなく
デバッグをどうしようか悩んでおります。

また細かい所どうしようかと・・・
例えば、iniファイルとか今ソース見るまでiniファイル使ってた事すら知らなかったです。
何故ならなかった場合、出力してくれなくて、デフォルト設定値で動作してしまうので。
本当ならなかったらデフォルト出力した方がユーザーフレンドリーだと思うのですが・・・

それと気になったのですが、
今回DSF対応においてId3tagv2.cppの修正が必要だった為、
STEP_mp3を参考に開発を進めましたが、
mp3ファイルのタグ編集においてTD3v2が新規だった場合、[SIF/ID3tag]が選択されているにも関わらず
ID3v1タグに書き込みに行ってる気がします。
これはID3v1で収まるならそっちが優先される仕様でしょうか?
そうなると[SIF/ID3tag]の選択の意味は?と思えてしまいます。
呉確認でしたら申し訳ありません

では
.. Re^6: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     DJxTOYO 2019/03/24日22:58 #r66
編集&削除  
> libFLAC 1.3.2 に差し替えたら同じ現象確認しました。

こちらでも正常にFLACタグの読み込み確認が行えました。
ありがとうございました。

>デバイスを ASIO にするか、プラグインを kpid2p.kpi に変更して PCM で


ご指摘の通りにkpidop.kpiのチェックを外したところPCM変換再生が確認取れました。
これで簡易再生チェックが出来て嬉しいです。


>STEP_K v1.02 正式版(の筈だったのに公開直前に公開取りやめ)を元に
>更新再開します。しばらくβ版としてリリースします。
>〜
>DSF のデータをロクに持っていなくて当方では動作確認が出来ませんので、
>最新β版を公開したら DJ TOYO さんの方でも確認して下さい。


正式版取りやめてβ版の件ありがとうございます。
動作確認了解致しました。
なおβ版であるならDSFプラグインのβ版として先にkobarin様に
お渡しした方がよろしいでしょうか?

では
.. Re^7: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/24日23:45 #r67
編集&削除  
> また細かい所どうしようかと・・・

細かいところにこだわらず、とりあえず使えるもの、
というレベルからでも良いと思います。

極端な話、タグの形式など ID3v2.3だけでも良いくらい
だと個人的には思います。

たかがタグ書き換えに設定など必要なのか、というくらい
の割り切りも必要かと。

例えば tta のタグ形式は ID3v2 なので STEP_tta は
STEP_MP3 とルーチンが被っていますが、ID3v2 の
バージョンは書き換え元に合わせるか新規だったら
v2.3 にするだけです。フレームの非同期化は常時
無効です。

ある程度動くのものなら大した時間は必要ありませんが、
完成度を高めようとするととことん時間がかかります。

> 例えば、iniファイルとか今ソース見るまでiniファイル使ってた事すら知らなかったです。
> 何故ならなかった場合、出力してくれなくて、デフォルト設定値で動作してしまうので。
> 本当ならなかったらデフォルト出力した方がユーザーフレンドリーだと思うのですが・・・

STEP のプラグインの設定は本体が関知しないところでプラグインが
独自に管理する仕組みです。

標準同梱のはプラグインと同じフォルダに .ini ファイルを作成して
いますね。なので 64bit 版と 32bit 版とで設定が共有されません。
これは本体もですけどね。

面倒ならプラグインに ini も同梱し、ユーザーに手動で
書き換えてもらうというのもアリなんじゃないでしょうか。

> それと気になったのですが、
> 今回DSF対応においてId3tagv2.cppの修正が必要だった為、
> STEP_mp3を参考に開発を進めましたが、
> mp3ファイルのタグ編集においてTD3v2が新規だった場合、[SIF/ID3tag]が選択されているにも関わらず
> ID3v1タグに書き込みに行ってる気がします。
> これはID3v1で収まるならそっちが優先される仕様でしょうか?
> そうなると[SIF/ID3tag]の選択の意味は?と思えてしまいます。

STEP_mp3 の設定画面を開き、

ID3v2 を ID3v1 にコピー
ID3v1 を作成しない(更新時に削除)

の設定次第となります。

結局、設定項目を増やしたところでその意味を理解する
ユーザーはそう多くはないのです、

別に商売でやってる訳ではないのですから、取り敢えず
動くもの、ということで、機能は最小限に絞ってみるの
も一考かと思います。

KbMedia Player のプラグインなんて正にそれです。
再生以外何にも出来ないものがほとんどです。(汗;

機能を追加していって完成度を高めていくのは後でも
良いのでは、と思います。


> なおβ版であるならDSFプラグインのβ版として先にkobarin様に
> お渡しした方がよろしいでしょうか?

配布して問題ないところまで出来たと判断された時点で
送付頂ければと思います。

とりあえず v1.02beta3 を公開しましたので、それで
動作確認してからご送付ください。

送付頂いたらなるべく早めに同梱配布するようにします。
どうせなら本体がβ版のうちに DSF プラグインの方も
公開しておいた方が、重大な不具合があったときに報告
を貰える可能性が少しもでてきます。


同梱配布にあたって、私の方は動作確認は取れませんので、
そこはご了承願います。データもなければ、書き換え後の
検証用のソフトもない状況です。
.. Re^8: STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.01c(正式版)
     DJxTOYO 2019/03/25月22:51 #r68
編集&削除  
> 細かいところにこだわらず、とりあえず使えるもの、
> というレベルからでも良いと思います。

承知しました。

先程ソースをメールさせて頂きました。
ご確認願います。

> 極端な話、タグの形式など ID3v2.3だけでも良いくらい
> だと個人的には思います。

ですよねー
と私も思っておりました。
一応DSFではmp3同様、Ver2.2/2.3/2.4の切り替えを実装しておりますが・・・
同じく非同期は無効です。

> 面倒ならプラグインに ini も同梱し、ユーザーに手動で
> 書き換えてもらうというのもアリなんじゃないでしょうか。

現在、自動iniファイル出力を作ってます。
手元のソースではほぼ終わりましたが、メールには間に合いませんでした。
後日、Ver1.00として差し替えメール致します。



> 同梱配布にあたって、私の方は動作確認は取れませんので、
> そこはご了承願います。データもなければ、書き換え後の
> 検証用のソフトもない状況です。

承知しました。
まずはDSFプラグイン同梱のβ版出ましたら動作確認させて頂きます。
リリースをお待ちしております。

宜しくお願い致します。


.. STEP_K(STEP_M 1.054f のUNICODE 対応版) Version 1.02beta3
     Kobarin ホームページ 2019/03/24日17:57 #r64
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/step_k/STEP_K_102_beta3.exe

起動時にエラーメッセージが表示されてプラグインが認識されない場合は
Microsoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージのインストールが必要です。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/?q=#other-ja
x64 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x64.exe
x86 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x86.exe

x64版を使用するためには x64 版だけでなく、x86 版のランタイムも必要です。


STEP_K は正直もう開発意欲がなくなっていたのですが、
プラグインを作ってくれてる方や不具合報告をくれる方が
いらっしゃるようで少しやる気が出てきました。

懸念していた ID3v2.4 の非同期化問題も mp3infp/u の最新版で対応された
ので簡単に対応出来ました。

とは言え2年ぶりの更新ですのでしばらくβ版として公開します。
1〜2週間ほど様子を見て問題なければ正式版に格上げします。

1.02beta3(2019/03/24)

・コンパイラを VS2017 15.9.9 に変更
・STEP_mp3/STEP_ape/STEP_aac/STEP_riff/STEP_vqf でのタグ取得・書き換えに
 mp3infp/u v2.55 を組み込み
・STEP_fla.ste に関する以下の修正
 ・libFLAC を 1.3.2 に差し替え
 ・libogg を 1.3.3 に差し替え
・STEP_ogg.ste に関する以下の修正
 ・libvorbis を 1.3.6 に差し替え
 ・libogg を 1.3.3 に差し替え
 ・libopus を 1.3 に差し替え
 ・opusfile を 0.9 に差し替え
 ・opus は未だ書き換え未対応
・STEP_mp3.ste に関する以下の修正
 ・ID3v2.4 のフレーム非同期化時に規格外のデータを作る不具合修正
  (mp3infp/u v2.55 を組み込んだことによる)
 ・beta2 での PIC/APIC フレームを含む場合の不具合対策コードを廃止
  (mp3infp/u v2.55 で対応された為)
 ・フレーム非同期化の設定と仕様を変更
  ・「ID3v2 を作成するときに非同期化を行わない」と「ID3v2 の非同期化を常に行
   わない」を廃止し、「ID3v2 のフレームを非同期化する」に1本化
  ・非同期化する場合、非同期化の必要がなくてもフラグは立てるようにした
   ・mp3infp/u と同じ動作
   ・組み込みの度に ID3v2.cpp を修正する必要があるのが煩わしい為
    (手抜きともいう)
 ・ID3v2バージョン/文字エンコードの変換に関する以下の修正
  ・フレームの非同期化をするかどうかも指定出来るようにした
 ・設定の初期値を変更
  ・ID3v1 を作成しない(更新時に削除)をオン(今時ID3v1は不要と判断)
  ・ID3v2 の非同期化をオフ(非同期化するとソフトによっては情報を正しく取得出来
   なくなる為。ID3v2 を認識しないプレーヤに生じ得る不具合より致命的と判断)
・STEP_tta.ste に関する以下の修正
 ・設定の表示名と初期値を STEP_mp3 に準じるようにした
  ・「ID3tag を毎回自動で更新する」->「ID3v2 を ID3v1 にコピー(オフの場合は個
   別に編集)
  ・「ID3tag を作成しない(更新時に削除する)」->ID3v1 を作成しない(更新時に削
   除)
  ・「ID3v2 を ID3v1 にコピー」の初期設定値をオンに変更
  ・「ID3v1 を作成しない」の初期設定値をオンに変更
・本体の変更点は特になし(バージョン情報のみ)


.. STEP_K v1.01cでの文字化け
     つっち〜 2019/03/18月22:11 #r48
編集&削除  
昨年の6月頃ホームページに記載してあったメールアドレスに送った物ですが、こちらのサポート掲示板にて新たに活動されるとの事で再度こちらに書かせて頂きます。
状況としては、STEP_K Ver 1.01c(x86)にて編集後のファイルをWindows7の標準ファイル情報にて見ると参加アーティスト名が化けてしまいました
どのファイルでも化けるようですのでファイル固有の問題では無いようですし、日本語表記でも英語表記でも文字化けします

文字化けが起きるのは、一旦TAG情報を全て削除し新たにTAG情報を書き込んだ時に発生します、一部の変更では発生しないようです

文字化けした「アーティスト名」を削除すると「トラック名」が
文字化けし、再度「アーティスト名」を入力して書き込むとまた
「アーティスト名」の項目が文字化けします
STEP_Kの表示では文字化けしていませんので、問題がSTEP_Kなのか
Windows7側なのかは不明です
因みに編集したファイルを「Mp3tag v2.88」で読み込むと問題無く表示され、さらに書き込みすると
Windows7のファイル情報でも文字化けは治ります。

STEP_K表記      Windows7表記
「アーティスト名」=「参加アーティスト」
「トラック名」  =「タイトル」

以下のTAG情報でのファイル先頭の文字化けしている物と文字化けしていない
物のバイナリデータです
-----------------------------------------------------------------------
ファイ トラ  アー  アル  トラ  年号      ジャンル
01 8khz 8khz mosq mosq 1 2018.06.20 JPop
-----------------------------------------------------------------------
文字化け有り
--------|-0--1--2--3--4--5--6--7--8--9--A--B--C--D--E--F-|---0123456789ABCDEF
00000000|49 44 33 03 00 80 00 00 10 01 54 50 45 31 00 00 | ID3.......TPE1..
00000010|00 0d 00 00 01 ff 00 fe 6d 00 6f 00 73 00 71 00 | ........m.o.s.q.
00000020|00 00 54 49 54 32 00 00 00 0d 00 00 01 ff 00 fe | ..TIT2..........
00000030|38 00 6b 00 68 00 7a 00 00 00 54 41 4c 42 00 00 | 8.k.h.z...TALB..
00000040|00 0d 00 00 01 ff 00 fe 6d 00 6f 00 73 00 71 00 | ........m.o.s.q.
00000050|00 00 54 52 43 4b 00 00 00 03 00 00 00 31 00 54 | ..TRCK.......1.T
00000060|43 4f 4e 00 00 00 0d 00 00 01 ff 00 fe 4a 00 50 | CON..........J.P
00000070|00 6f 00 70 00 00 00 54 59 45 52 00 00 00 0c 00 | .o.p...TYER.....
00000080|00 00 32 30 31 38 2e 30 36 2e 32 30 00 54 50 4f | ..2018.06.20.TPO
00000090|53 00 00 00 03 00 00 00 30 00 00 00 00 00 00 00 | S.......0.......
000000a0|00 | .
--------|------------------------------------------------|-------------------

文字化け無し
--------|-0--1--2--3--4--5--6--7--8--9--A--B--C--D--E--F-|---0123456789ABCDEF
00000000|49 44 33 03 00 00 00 00 10 01 54 50 45 31 00 00 | ID3.......TPE1..
00000010|00 0d 00 00 01 ff fe 6d 00 6f 00 73 00 71 00 00 | .......m.o.s.q..
00000020|00 54 49 54 32 00 00 00 0d 00 00 01 ff fe 38 00 | .TIT2.........8.
00000030|6b 00 68 00 7a 00 00 00 54 41 4c 42 00 00 00 0d | k.h.z...TALB....
00000040|00 00 01 ff fe 6d 00 6f 00 73 00 71 00 00 00 54 | .....m.o.s.q...T
00000050|52 43 4b 00 00 00 03 00 00 00 31 00 54 43 4f 4e | RCK.......1.TCON
00000060|00 00 00 0d 00 00 01 ff fe 4a 00 50 00 6f 00 70 | .........J.P.o.p
00000070|00 00 00 54 59 45 52 00 00 00 0c 00 00 00 32 30 | ...TYER.......20
00000080|31 38 2e 30 36 2e 32 30 00 54 50 4f 53 00 00 00 | 18.06.20.TPOS...
00000090|03 00 00 00 30 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 | ....0...........
000000a0|00 | .
--------|------------------------------------------------|-------------------
.. Re: STEP_K v1.01cでの文字化け
     Kobarin ホームページ 2019/03/21木00:17 #r50
編集&削除  
mp3 のタグについて最後に調べたのは2年も前で ID3v2 の仕様を
忘れてしまったのでバイナリデータは後できちんと検証してみますが、
STEP_K(STEP_M も STEP にも) には、以下の不具合が存在します。

・ID3v2.4 でフレームの非同期化が必要なデータを書き換えると
 文字化けする

BOM 付のユニコード文字列を使ったり、画像を使ってる場合に
発生しやすいです。

この不具合は ID3v2.3 なら発生しません。

もし ID3v2.4 なら、他のソフトで ID3v2.3 に変換して下さい。
STEP_K では ID3v2.4 の使用はお勧めしません。

きちんとした検証は後でやるとして、バイナリを見る限り、
ff 00 fe という箇所が点在しています。おそらく BOM 付
ユニコード文字列(リトルエンディアンのUTF16)を使った
データです。

STEP_K によってフレームの非同期化がされて文字化けするの
だと思います。おそらくそのデータは mp3infp/u とか、国産
のソフトの多くでは文字化けせずに表示されるのではないで
しょうか。


この不具合は mp3infp にも存在していて、不具合を修正すると
国産の音楽再生ソフトの多くで文字化けしてしまう(おそらく
国産ソフトの多くが mp3infp でタグを書き換えたデータをタグ
取得の動作確認に用いてるからと思います)という大変厄介な
不具合です。

2年前のことなので現状では違うかもしれません。

v1.02 正式版を公開しようとする直前に気づいて、その後
どう対応すべきか考えるのもイヤになって開発を中断して
しまいました。

このまま放置しとくのがまずいのは分かっているのですが、
私は STEP_K に関してはあまり開発意欲がないんですよね。

タグの書き換えとしては個人的には十分な機能を備えている
し、元々自分で書いたものではないので、メンテナンスする
のは正直シンドイです。

繰り返しますが、STEP_K で MP3 のタグを書き換えるなら、
ID3v2.3 をお使い下さい。ID3v2.4 はお勧めしません。

いずれは何とかしたいと思いますが、対応の仕方をまじめに
考えると頭痛がしてきてしまって…。

誰か STEP_MP3 だけでも作り直してくれると良いのですが…。
.. Re^2: STEP_K v1.01cでの文字化け
     つっち〜 2019/03/21木14:04 #r52
編集&削除  
申し訳ないですが私は素人ですので、詳細は分かりかねますが「ID3v2.4」にはしていませんし
以前から「STEP_M」にて編集し「ID3v2.2」になった物にジャケット入れ等の為「Mp3tag v2.88」にて「ID3v2.3」の状態にしています
部分編集だけなら「Mp3tag v2.88」でも良いのですが、エクセルの様に一括で編集する場合「STEP_M」の方が使いやすくそのユニコード版という事で「♥(ハート)」等の文字コードも扱えるかと「STEP_K」使わせて頂いたのですが、先の状況ですのでお知らせ致しました。
現状では一部の特殊文字がユニコードで書かれているだけですので、その文字の扱い以外は「STEP_M」でも問題が有りません
無償で使わせて頂いている者としては開発者の皆様には感謝しております。
.. Re^3: STEP_K v1.01cでの文字化け
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土15:23 #r56
編集&削除  
確認してみたら ID3v2.3 でも非同期化されると WMP では文字化けする
ようですね。foobar だと ID3v2.4 のときだけ文字化けする(というか
表示出来ない)んですけどね。

タグの書き換えや変換時に非同期化されなければ他のソフトで
文字化けすることはない筈です。

設定で非同期化を行わないようにすることが出来ます。


オプション->プラグイン->STEP_mp3 を選択して「設定」をクリック
して STEP_mp3 の設定ダイアログを開き、

「その他」タブの


・ID3v2の非同期化を常に行わない
・ID3v2を作成するときに非同期化を行わない

これらのチェックマークをどちらも「有効」にして下さい。


STEP_K で書き換えた結果、他のソフトで文字化けしているデータに対しては、
設定をこの状態にした上で

対象データを選択して右クリック->「ID3v2バージョン/文字エンコードの変換」で
変換して下さい。一度現在のと異なるものに変換(現在が ID3v2.4 なら ID3v2.3
にするなど)しないとうまく更新されないようです。

STEP_K v1.01c は画像を含むデータを ID3v2.2 に変換(または ID3v2.2 から
ID3v2.3/2.4 に変換)すると画像データが失われる(データとしては残ってるが
他のソフトで見えなくなる)不具合があったと思いますので、ID3v2.3 か v2.4
にするか、v1.02beta2 をお使い下さい。


逆に、他のソフトで書き換えたデータだと、

・ID3v2.4 で非同期化されたデータ

の情報を STEP_K では正しく取得出来ません。
これはその書き換えたソフトの方で ID3v2.3 に変換するなりして下さい。
これは元々 mp3infp/u にもあった不具合なのですが、最新版なら問題ない
ようです。いつの間にか対応されたようです。


これで解決しない場合はまた連絡下さい。

この不具合は再現方法とか条件がややこしくて頭がこんがらがって来ます。


流石にこの状態をいつまでも放置は出来ないので、これから修正に入ろうと
思います。完全な対応は難しいですが、実用上十分と言えるような、応急
処置的な方法は思いつきましたので。

少し時間がかかるかもしれませんが、しばらくお待ち下さい。


ID3v2.4 のフレーム非同期化問題は 元々 mp3infp 系にもあった不具合なの
ですが、最新の mp3infp/u では大丈夫なようですので、もしかしたら修正
されたのかもしれません。逆に、最新の mp3infp/u で ID3v2.4 の非同期化
を有効にすると STEP_K で正しい情報を取得出来なくなっています。

ID3v2.3 で非同期化すると WMP で文字化けするのは気づきませんでしたが、
最新の mp3infp/u でも同様のようです。

ややこしくて本当に頭が痛くなります。

フレームの非同期化は本来 ID3v2 に対応しないソフトの為の処置なわけですが、
ID3v2 は認識するが非同期化に対応しない(またはその実装に誤りがある)ソフト
で文字化けするとか、本末転倒もいいところですね。

(Edited 1times)
.. Re^4: STEP_K v1.01cでの文字化け
     つっち〜 2019/03/23土17:49 #r59
編集&削除  
対応ありがとうございます、なかなか難しい部分があるのですねID3タグと言ってもバージョンによる仕様の違いや編集ソフトによる違い等、素人には理解不能かも知れないですね。
この先は分かりませんが、私の使用状況ではユニコードによる文字の使用量が少ないので元ファイルのユニコード検出を兼ねて「STEP_M」にて編集していこうかと思っています
ユニコード文字の使用が増えて来た時には修正された新バージョンを使わせて頂こうかと思います、お騒がせしお手間をお掛け致しました、ありがとうございます。
.. Re^5: STEP_K v1.01cでの文字化け
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土18:59 #r60
編集&削除  
> この先は分かりませんが、私の使用状況ではユニコードによる文字の使用量が少ないので元ファイルのユニコード検出を兼ねて「STEP_M」にて編集していこうかと思っています

STEP_K の MP3 関係の不具合は STEP や STEP_M にもあると思います。
元にしてるルーチンが一緒なので。

きちんとした検証はこれから始めますが、私はこの不具合はユニコード
化に伴って発生した不具合とは違うと考えています。

MP3 のタグ形式は無駄に複雑すぎます。
ID3v2 を策定した人は頭が良すぎるか大馬鹿のどちらかだと思います。

それに比べると ApeTag v2 とかはシンプルなのに必要十分な
機能を備えていてとても素晴らしいと思います。

一時期 foobar が MP3 にも ApeTag v2 を使っていたのは凄く
理解出来ます。そのせいで更に話がややこしくなっているの
ですが…。(STEP_K では ApeTag を使用した MP3 には対応
していません)
.. Re^6: STEP_K v1.01cでの文字化け
     つっち〜 2019/03/23土21:38 #r62
編集&削除  
不具合の元になった原因が「STEP」からかも知れませんが、使う側がその不具合に遭遇しなければ優良なソフトです
原因が複雑に絡み合ったソフトであれば、対処が難しくなるとそれが仕様とされ販売されている物もあると聞きます
今回の場合、私の使い方にて不具合に遭遇しましたので報告させて頂きましたが、修正により他の方に不具合が発生しない事を祈っています
ユニコード文字が増えて来るとまた「STEP_K」を使わせて頂く事になるかと思いますので、その時はよろしくお願いいたします


.. kbgxscc.kpi Version 0.12alpha
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土16:34 #r57
編集&削除  
プラグイン置き場: http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kpi/kpi.htm
ファイル直リンク: http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kpi/kbgxscc_012alpha.7z

GASHISOFT さん制作の GXSCC (β236/β773) を使って MIDI を
再生するプラグインです。

念願の(?) OPLL モードとβ773 に対応しました。

GXSCC の公式サイトもつい最近移転してリニューアルされたようです。
日本語サイトはまだほとんど未完成なようですが、β236 は英語サイト
の方で入手可能です。

https://gashisoft.web.fc2.com/
https://gashisoft.web.fc2.com/E/ (英語サイト)

β773 はもう配布されていないようですので、持ってない方は残念
ですが諦めて下さい。

v0.12αでの変更点

・選択可能な周波数に誤りがあったのを修正(176000Hz->176400Hz)
・設定項目の順番を修正(SCC/OPLL モードを音色セットの手前に移動)

v0.11αでの変更点

・β236とβ773のパスを別々に設定し、どちらを使用するかを選択する方式に変更
 ・パスを設定し直す手間が省けて切り替えが容易になった
 ・v0.10αのパスに関する設定は無視されるので設定し直す必要がある
・ファイルオープン時のシステムの負荷のかかり具合等、タイミングにより正常に再生
 出来ないことがあるのを修正
・β773 の DirectSound 処理をフックするようにした
 ・一瞬でも DirectSound デバイスを開いて再生してしまうのを回避
・β236 の waveOut 処理のフックの仕方を修正
・GXSCC の終了のさせ方が乱暴だったのを修正
 ・なるべくメインウィンドウを「閉じる」ことで終了させるようにした
 ・終了時に GXSCC 内部のクリーンアップ処理が呼ばれるようになった

タイミングによって正常に再生出来なくなる不具合がおそらく完全に
修正されたと思います。

まだ検証が十分とは言えませんが、v0.10αでは1時間も連続再生してると
何回かは再生がおかしくなっていたのが、数時間の連続再生でも問題が起
きていません。
(Edited 1times)
.. 曲の切り替わり時にフォーカスが奪われてしまう
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土16:39 #r58
編集&削除  
今回のバージョンアップにより、個人的には kbgxscc.kpi はほぼ完成と
言えるレベルに到達出来たと思っていますが、あと1点だけ気になる点が
あって、再生時にウィンドウのフォーカスが奪われてしまうんですよね。

どうやってもフォーカスを奪うのを阻止出来ないので、仕方ないので

ファイルを開く直前に GetForegroundWindow してフォアグラウンドの
ウィンドウを取得しておき、再生が始まったら SetForegroundWindow
してフォーカスを元のウィンドウに戻す

という処理をしています。なので他の作業をしながら連続再生してると曲の
切り替わり時に一瞬だけウィンドウが奪われて少し作業がしづらいです。
(フォーカスを戻す処理をしてるだけマシなんですが)


GXSCC が呼び出す API に対して以下の処置をしていますがそれでも
足りません。他に対策として思い浮かぶものがあったらご指摘下さい。

・CreateWindowEx の dwExStyle に WS_EX_NOACTIVATE を付け加える
・SetActiveWindow/SetForegroundWindow/SetWindowPos/BringWindowToTop/SetFocus
 をフックして実際には何もさせない(起動してから「オーサリング」が始まる
 までの間に実際に呼ばれるのは SetActiveWindow のみのようです)

他のプロセスがフォーカスを持ってるのにそれを奪い取るというと
AttachThreadInput を使う必要があると思うんですが、GXSCC は
AttachThreadInput を呼び出していません。

GXSCC が呼び出す API は Dependency Walker で確認しています。

もしかしてウィンドウプロシージャを乗っ取る必要があるのかな。
関連するメッセージが思いつきませんが。
.. 再生周波数
     Kobarin ホームページ 2019/03/23土19:25 #r61
編集&削除  
ごめんなさい。
176400Hz を 176000Hz にしていました。
なんか違和感があったんですよね…。

v0.12αで直しました。

48000Hz 超の再生周波数は GXSCC 本体では設定出来ない値
なので本来は指定すべきではないのかもしれません。

GXSCC が GXSCCPreferences.bin を開いて読み取ろうと
するときに内容を偽装して渡しています。

(Edited 1times)


.. kbgxscc.kpi Version 0.10alpha
     Kobarin ホームページ 2019/03/22金00:41 #r54
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kpi/kbgxscc_010alpha.7z

GASHISOFT さん制作の GXSCC (β236/β773) を使って MIDI を
再生するプラグインです。

念願の(?) OPLL モードとβ773 に対応しました。

GXSCC の公式サイトもつい最近移転してリニューアルされたようです。
日本語サイトはまだほとんど未完成なようですが、β236 は英語サイト
の方で入手可能です。

https://gashisoft.web.fc2.com/
https://gashisoft.web.fc2.com/E/ (英語サイト)

β773 はもう配布されていないようですので、持ってない方は残念
ですが諦めて下さい。

β773 はたまに GXSCC 自身が再生してしまうことがあります。
DirectSound の呼び出しの乗っ取り処理が面倒くさくてまだやって
いなくて、Stop ボタンを押したことにして演奏を停止させている
のですが、それがタイミングによって無視されてしまうようです。

dsound.dll のロードに失敗させたり DirectSoundCreate に失敗
させると問答無用で GXSCC ごと終了してしまうみたいなので、
IDirectSound の偽装が必要です。

こんなこと書いても普通の人には意味不明でしょうね。

v0.10αでの変更点

・新kpi仕様に対応
・GXSCC β773 に対応
・OPLL モード(GXSCC の左上ロゴダブルクリックで発動する隠しモード)に対応
・オーディオデバイス出力(waveOut)ではなくオーサリング時の WAV 出力(mmio)の乗っ
 取り方式に変更
 ・バッファアンダーランを完全回避
 ・シーク速度が大幅に高速化
 ・kbwavefile.kpi による WAV ファイルデコードでも確実に正しいデータを出力出来
  るようになった
 ・Debug モードの「Decode Speed」を廃止(必要がなくなった)
・下記設定項目を追加
 ・GXSCC のパス
  ・ハッシュ値(MD5)が確認済の値と一致しない場合は警告ダイアログを出す
  ・確認済みバイナリはβ223->β236への差分パッチを当てた日本語版とβ236英語
   版及びβ773
 ・GXSCC のバージョン
  ・「GXSCC のパス」で設定した GXSCC.exe のハッシュ値が kbgxscc.kpi で確認済
   みの値と異なる場合でも使用したい場合に設定する
 ・再生周波数
 ・音色セット(SCC like Full-Set, Famicom like Set etc...)
 ・AutoDetune
 ・ローパスフィルタ
 ・カットオフ周波数
 ・SCC/OPLL モード(OPLL モード時は音色セットは無視される)
 ・複数ポート使用MIDIの処理方法
  ・複数のMIDIファイルに分割して複数の GXSCC を起動
  ・分割しないで GXSCC を単独起動(従来の処理)
  ・自動判別(SCC モードのときは3ポート以上のときだけ分割、OPLLモードのとき
   はポート数によらず分割)
 ・GXSCC を表示
  ・v0.09α以前の Debug Mode に相当
  ・表示されるウィンドウをマウスで動かせるようになった
  ・「オーサリング中」と表示されるが WAV ファイルが生成されることはない
  ・うまく動作しないときの確認用。通常はオフにする
 ・GXSCC のフォルダを開く
  ・添付ドキュメントの参照用
・GXSCC から応答がない場合はダイアログを表示して強制終了させるか確認するように
 した
・64bit版を作成


.. kbhtsfms.kpi Version 0.06alpha
     Kobarin ホームページ 2019/03/17日20:53 #r47
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kpi/kbhtsfms_006alpha.7z

石村仁志さん制作の htsfms v0.96 を使用して MIDI を再生するための
デコーダプラグインです。対応拡張子は .mid です。

このプラグインを使用するには、htsfms Version 0.96 が必要です。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA024632/

でダウンロードして下さい。

動作原理上永久にα版ですが、個人的には15年近く問題なく使っているので、
htsfms v0.96 に新しいバージョンが出てそれを使ったりしない限り安全だと
思います。多分。

64bit 版の作成に苦労しました。動作報告頂けると嬉しかったりします。
kbzmdrive.kpi も 64bit 版作れそうです。大してメリットはありませんが。

v0.05alpha からの変更点

・新kpi仕様に対応
・下記設定項目を追加
 ・mid2wav のパス
  ・ハッシュ値(MD5)が確認済の値と一致しない場合は警告ダイアログを出す
 ・音色ファイルの選択
  ・v0.05 以前と異なり、プラグインファイル名で音色ファイルを指定することは出
   来ない
  ・自分で作成した音色ファイルを tone フォルダ以下に置けば選択出来る
 ・複数ポート使用MIDIの処理方法
  ・複数のMIDIファイルに分割して複数の mid2wav を起動(従来より演奏精度向上)
  ・分割しないで mid2wav を単独起動(従来の処理)
 ・htsfms のフォルダを開く
  ・添付ドキュメントの参照や音色ファイル作成用
 ・コンソール画面表示
  ・mid2wav の処理の進捗状況が分かる
  ・デバッグ用、通常は非表示にする
・mid2wav から応答がない場合はダイアログを表示して強制終了させるか確認するよう
 にした
・mid2wav の終了処理が乱暴だったのを修正
 ・mid2wav が最後まで出力し終わった場合は ExitProcess しない
 ・途中で終了要求が来たら ExitProcess してたのを Ctrl+C 押下に変更
・64bit版を作成
 ・mid2wav は32bit版で OK


.. kbtim95.kpi Version 0.07
     Kobarin ホームページ 2019/03/17日20:47 #r46
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kpi/kbtim95_007.7z

ソフト工房 乾さん制作の Timidi95 を利用して MIDI を再生するためのデコーダプラグ
インです。対応拡張子は .mid です。

Timidi95 については http://www.tees.ne.jp/~mohishi/ を参照して下さい。

KbMedia Player v3.05b には同梱していません。

このプラグインを使用するには Timidi95 に同梱の TimidiS4.exe またはコマンドライン
版の TimidiCP.exe(同梱されていません)が必要です。

フリーウェアである TimidiCP よりもシェアウェアである TimidiS4 の方が音質が
良いのでお勧めしますが、登録しないと30秒でフェードアウトして演奏終了します。

2019/3/17 現在最新版の TimidiS4 で動作確認していますが、TimidiS4 の 64bit版
は vector でダウンロードしたものでは動作しません。公式サイトでダウンロード
したものなら動作します。

vector で送金してライセンスキーを得た場合でも、公式サイトの TimidiS4 を
登録出来ます。

Timidi95 のインストール先には注意して下さい。
インストーラ既定のフォルダである Program Files 以下にインストールすると
登録に失敗します。一度アンインストールしてやり直せば OK です。


v0.06 からの変更点

・プラグイン設定に関する以下の修正
 ・「TimidiS4 を起動」と「Timidi95 を起動」の多重起動回避処理を改善
  ・起動済み判定に失敗して多重起動することがあるのを修正(WindowsXP)
  ・ウィンドウが最小化されてる場合に通常サイズに戻してアクティブ化出来ないこ
   とがあるのを修正
 ・「Timidi95 のフォルダを開く」を追加
 ・ヘルプを修正


.. KbMedia Player Version 3.05b.2019.0317(正式版)
     Kobarin ホームページ 2019/03/17日20:02 #r45
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/kbmedia/kbmed305b.exe

起動時にエラーメッセージが表示されてプラグインが認識されない場合は
Microsoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージのインストールが必要です。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/?q=#other-ja
x64 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x64.exe
x86 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x86.exe

x64版を使用するためには x64 版だけでなく、x86 版のランタイムも必要です。

何回もスミマセン。
マイナーな形式の不具合だったので後回しにしようと思いましたが他にも
いくつか細かい不具合があったので修正版公開することにしました。

v3.05a からの変更点

・各種プラグイン/DLL のコンパイラを VS2017 15.9.9 に変更
・kbwsr.kpi に関する以下の修正
 ・KPI_MEDIAINFO::dwUnitSample を 10ms 相当に変更
  ・本体 v3.05 以降で演奏がおかしくなるため
・kbmac.kpi に関する以下の修正
 ・Monkey's Audio SDK 4.59(2019/3/15) に差し替え
・kbswf.kpi に関する以下の修正
 ・プラグイン設定から「Flash Player 設定マネージャー」を開けるようにした
  ・kbswf.kpi の再生品質に関わる設定があるかどうかは不明
・SWRD/NWRD の標準サイズ(640x480)時の画質が汚かったのを修正
・プラグイン設定でリストやリストの表示名に空文字列を使用出来ないのを修正
 ・標準同梱で該当するプラグインはない
 ・プラグイン置き場の kbhtsfms.kpi v0.06alpha が該当

v3.05 からの変更点

・MDS と RMI が再生出来なくなっていたのを修正
・kbmac.kpi に関する以下の修正
 ・Monkey's Audio SDK 4.56(2019/3/10) に差し替え


v3.04 からの主な変更点

・本体とプラグイン/DLL の開発ツールを最新版に差し替え
・プラグイン/DLL の各種ライブラリを最新版に差し替え
・64bit版本体のデコード処理が高速化(32bit int 以外は 32bit版本体より遅かった)
・32bit版本体の 32bit int の出力が高速化
・kbmpg123.kpi による MP3 再生時にデコーダ(最適化コード)を選択出来るようにした
・デコーダプラグインのデコード速度を計測するベンチマークモードを追加
 (kbwavefile.kpi)(設定でベンチマークモードを有効化する必要あり)
・環境設定画面から検索パスやアーカイブのサイズ制限等、重要だが見落としやすいプ
 ラグイン設定へジャンプ出来るようにした
・ztom/zmc2/z2m3/zmc3 による ZMD/ZMS 対応を強化
・「お気に入りの整理」の操作性向上
・WindowsXP で非マルチプルインスタンスプラグインが使えない不具合の修正
・各種プラグインの不具合修正・改善
・ヘルプの更新


本体の修正はひとまずこのくらいにしておいて、プラグイン置き場の古いプラグイン
の更新とピストンコラージュの新kpi化などを検討中です。

MIDI 関係は、現在の設定を MIDI デバイスのように登録するような機能があると
kbtim.kpi とか kbvsti.kpi みたいなのが便利になるんですけどね。
これは本体側で何とかするしかありませんが。


.. Autch さんの kpipxtone.kpi v1.2 の修正版
     Kobarin ホームページ 2019/02/24日14:27 #r16
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/test/kpipxtone_v1.2_fixed.7z

KbMedia Player 3.04 以降で Autch さんの kpipxtone.kpi が
動作しません。v2.63a では動作しています。

調査してみたところ本体側の修正だけで対応することは難しい
ことが分かりました。

プラグインを修正しなくても動作するように本体を修正するのは
とても大変で、パフォーマンスの悪化など、副作用も小さくなさ
そうなため、断念しました。

kpipxtone.kpi の方を修正するしか対策が思いつきませんでした。

修正版のファイルは Autch さんのサイトの方で取り込まれたら
削除します。


readme_by_kobarin.txt


Autch さん制作の kpipxtone.kpi v1.2 の Kobarin による修正版です。

KbMedia Player v3.04 以降で使用することが出来ない不具合を修正しました。

修正版は v2.63a でも動作することを確認済みです。

このプラグインは 32bit 版ですので、使用するには「32bit版の」Plugins フォルダに
置く必要があります。64bit版の Plugins に置いても認識されません。

修正箇所のソースコードを src_fixed フォルダに置いてあります。

Kobarin

<- 前ページ    11/13    次ページ ->
上へ






RAIBPL1.23-wakatiai.halfmoon.jp 2023/01/28土16:15