トップへ
<---   取り出しトピック   --->
 
. KbMedia Player Version 3.05beta2.2019.0224 Kobarin 02/24日22:01#r18選択
. Re: KbMedia Player Version 3.05beta2.2019.0224 Cerise 02/25月01:23#r19
. Re^2: KbMedia Player Version 3.05beta2.2019.0224 Kobarin 02/26火22:18#r22
. ヘルプファイルのリンク切れ YMRT@BBS管理人 02/25月15:23#r20
. Re: ヘルプファイルのリンク切れ Kobarin 02/26火22:15#r21
. Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージについて AS 02/26火23:02#r23
. Re: Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージについて Kobarin 02/27水00:04#r24
 

上の選択記事
. KbMedia Player Version 3.05beta2.2019.0224
     Kobarin ホームページ 2019/02/24日22:01 #r18
編集&削除  
http://hwm5.gyao.ne.jp/kobarin/test/kbmed305_beta2.exe

起動時にエラーメッセージが表示されてプラグインが認識されない場合は
Microsoft Visual C++ 2017 再頒布可能パッケージのインストールが必要です。
https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/?q=#other-ja
x64 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x64.exe
x86 版ランタイムファイル直リンク https://aka.ms/vs/15/release/VC_redist.x86.exe

x64版を使用するためには x64 版だけでなく、x86 版のランタイムも必要です。

v3.05beta2 での変更点

・kbmp3.kpi に関する以下の修正
 ・libmpg123 を 1.25.10(2018/03/05) に差し替え
 ・64bit 版でも ASM による最適化コードを使えるようになった
  (64bit float での出力は出来なくなった)
 ・デコーダ(ASM による最適化コード)を選択出来るようにした
  ・32bit 版では
   SSE
   MMX
   i586
   i386
   generic
   のうち CPU が対応しているものを使用可能
  ・64bit 版では
   AVX
   x86-64
   generic
   のうち CPU が対応しているものを使用可能
・kbvorbis.kpi に関する以下の修正
 ・libvorbis を 1.3.6 に差し替え
 ・libogg を 1.3.3 に差し替え
・kbflac.kpi に関する以下の修正
 ・libogg を 1.3.3 に差し替え
・kbmac.kpi に関する以下の修正
 ・Monkey's Audio SDK 4.44(2019/1/13) に差し替え
・kbwv.kpi に関する以下の修正
 ・libwavpack を 5.1.0(2017/01/20) に差し替え
・kbopus.kpi に関する以下の修正
 ・libogg を 1.3.3 に差し替え
 ・opusfile を 0.11 に差し替え
 ・libopus を 1.3 に差し替え
・kbunarc.kpi に関する以下の修正
 ・unrarsrc を 5.7.2 に差し替え
 ・LZMA SDK を 19.00 に差し替え
 ・7-zip に関する以下の修正
  ・ストリームから開けるようになった(アーカイブ内の7zで実ファイルが不要)
  ・圧縮メソッド(Copy, LZMA, LZMA2, PPMD 等)を正しく取得出来るようになった
   (今までは全て LZMA としていた)
  ・PPMD を展開出来るようになった
   ・PPMD を展開するかの設定項目を追加
   ・非常に低速なため、デフォルトでは展開「しない」
  ・実行時のシステムの空きメモリに応じて一時ファイルを作成することがあったの
   を、常にメモリ上に展開するように仕様変更(後述のRARも同じ)
  ・メモリの使用量を大幅に軽減
 ・TGZ を正しく処理出来なくなっていたのを修正
  ・zlib の inflateCopy 内部の仕様変更によるもの(結構はまった)
 ・TAR の格納ファイル名に全角文字を使用してると文字化けすることがあるのを修正
  (UTF-8 かどうか自動判別)
 ・RAR/7Z について、実行時のシステムの空きメモリに応じて一時ファイルを作成する
  ことがあったのを、常に全てメモリ上に展開するように仕様変更
  ・プラグインによっては一時ファイルを作成する(旧仕様プラグイン等)
 ・CAB/RAR/7Z の全展開後のサイズ制限の設定を追加
  ・制限を超える場合、一覧の取得は出来るが展開には失敗する
  ・個別には小さなファイルがあっても、合計が制限を超えると全て失敗する
 ・サイズに関する制限を対応形式ごとに設定するのを廃止
  ・General セクションにまとめた
  ・旧バージョンからの設定は引き継がれないので設定し直す必要がある
  ・kbungca.kpi の設定とは共有されない
・libpng を 1.6.36(2018/12/1) に差し替え(kblibpng.dll)
・プラグイン設定画面とデバイス設定画面のフォントを Media エクスプローラの設定
 と同じくした
・高DPI環境でヘルプがぼやけるのを修正
・ヘルプを修正(リンク切れ、フォントの変更他)

ライブラリ自体に変更を加える必要のないものは思いつく限り
最新に差し替えたつもりです。

私一人では十分な動作確認は取れませんので、もし不具合が
見つかったら報告して頂けると助かります。

特に大きな問題がなければ次を正式版にしたいと思います。

PSF とかエミュ系はまだです。
エミュ系の更新は大掛かりになる傾向があるので、正式版の後かな。
(Edited 1times)

上へ






RAIBPL1.23-wakatiai.halfmoon.jp 2022/01/18火11:18